「もうすぐGW」

c0062992_12361343.jpg

あと数日でGWになるが「だからどうなんだ?」桜が散った後庭の牡丹が咲き出し見頃となったが明日の夜は雨が降ると言うから牡丹は雨が降ったら無様となるので今日明日が見納めだろう。
c0062992_12393592.jpgc0062992_12394819.jpg
いつもの季節の写真で我が身同様変わり映えしないが枯れ木も山の賑わいというから。今年の桜草は色が濃いようでよく咲いている。

「裏の河川工事」
c0062992_1242493.jpg
c0062992_12421980.jpg
ここ数日工事は進んで職人さんも頑張っているようです、擁壁も進んであと数段でGLまで届く。
これから少し上流に移るようで河岸をほじくっている、見ているとユンボは凄いもんでアット言う間に削ってしまう、シャベルでやったら何日かかるか?
[PR]

# by yasu7211 | 2017-04-26 12:48

「早朝観察」

「工事現場」
c0062992_732187.jpg
裏の河川工事の進捗を毎日観察しているが日中は作業をしているから傍に行けないので今朝は始業前に川底に下りて現場監督!正直意外と進捗は悪くここ数日は職人さんは来ているが何するでもなく井戸端会議で終わって5時には帰っていく。重機が4.5台来ているからリース代や人工賃も馬鹿にならないだろうし勿体ない話だ。排水ポンプの音と発電機の音が終日気になるが我慢できる範囲だから黙っている。










「野良仕事の前段」
c0062992_738087.jpg
先ずは先日撒いた野菜の種、飯能の野口種苗からネットで注文した固定種の種、撒いてから10日だから仕方がないがやっとこんな状況!失敗したかと思ったが気温が上がって勢いついたようだ。これで一安心、来月にはポットに移せるだろう。



「山わさび」
c0062992_7424980.jpg
先輩遺愛?の北海道の山わさび、河川工事で駄目になる前に堀上げて庭の片隅に仮植えしておいたら芽が出始めた、工事が終わったらまた法面の隅にでも移植して楽しませてもらう、庭に植えてもいいが以前植えた時は強勢で根っこが走り始末が悪いので野生が良い様だ。
[PR]

# by yasu7211 | 2017-04-15 07:54

「敷島の」

c0062992_9111556.jpg

朝日に匂う「里桜花」!裏の河川工事にもめげず残っている山桜でないのが残念だが一時藤蔓が絡んで枯死寸前だったが蔓を切ってくれたから生き延びた。朝日を浴びて一目一本満開の桜もいいものだ
c0062992_9183329.jpgc0062992_9184536.jpg
庭の花だって頑張っている、イカリ草と一人静、毎年花が咲き季節を彩る。先日撒いたトマト、ナス、シシトウは未だ芽が出ないがそのうち出ると期待している、二十日大根、ルッコラ、水菜、は先陣を切って芽を出したがキンカン、スダチはこれから芽を出すだろう。
[PR]

# by yasu7211 | 2017-04-10 09:26

近況

「観桜会」
昨日は自然観察と観桜会で稲荷山公園へ!爺仲間四人は11時に稲荷山公園駅に馳せ参じた、お仲間の花見客が列を作って改札を通り園内に入っていく。当方は事前に酒肴を用意していたから駅前の売店に用はない、以前来た時はえらい混雑でレジに時間がかかったからだが昨日はさほどでもなかった。肝心な桜はまだ3分咲きがヤットと言うところだったが爺仲間は適当な所に陣を張り先月亡くなった先輩を偲んで献杯!「今年からは四人か」と少なくなった仲間の花見はそれなりに盛り上がり豪華花見の宴は終わった。

「良く出来るもんだ」
c0062992_910454.jpg
新しく仕入れた腕時計、今までは50年以上前から愛用していたⅭ社の時計、勤め先の製品だから浮気はしなかったけれど今回初めて他社の時計をネットで買った。これが2500円そこそこだから会社はこれで商売になるのだろうかと要らぬ心配をしてしまう、損して商売するわけはないけれどそれにしてもだ。定年後17年も経てばもう義理たてする事もないだろうから同じ頭文字のⅭ社のを買ってみたがなかなか良く出来ている、文字盤の日にちと曜日は老眼でよく見えないから必要ないがついているから。毎度思うように数十万もする時計を買う奴の気が知れないが銭のあるやつのする事は理解できない。
[PR]

# by yasu7211 | 2017-04-03 09:25

「河川工事」

c0062992_15593621.jpg

家の北を流れる一級河川「柳瀬川」こんな川でも一級とはこれいかに!ピンキリだ。法面が去年の大雨で崩壊してそのままだったのがここへ来てやっと補修工事が始まった、擁壁を作るために川の中に排水溝を作りそれから工事をするようでユンボが溝を掘って排水溝を設置しているところ、見ていると意外と手際がよく流石は商売人だ、時々工事の進捗を確認のためのぞき見をして楽しんでいる今日この頃。
[PR]

# by yasu7211 | 2017-03-25 16:07

「花見」

c0062992_16182022.jpg

花粉舞う午前中に山口観音までウオーキング、途中にある狭山湖畔霊園は彼岸の供花がまだたくさん残っていてここでも花見?染井吉野はまだ蕾が硬く早くて来週か。西武ドームでは何やら声が聞こえてくるがオープン戦ではないだろうから素人野球か、狭山スキー場も明かりは見えたがもう閉店だろう。観音様の山門脇にある桜が見頃で写してきたが品種は分からないのでネットで調べたら「おかめ桜」らしいが枝垂れだから違う品種か?。赤みが強く見目姿は少し落ちるが早咲だからよく目立つ、来週末には染井吉野が開くだろうから花見の本番、爺友との観桜会の予定が入っているから楽しみにしている。今日は意外と肌寒く歩いていると体は暖まるけれど手が冷たく感じる。
[PR]

# by yasu7211 | 2017-03-24 16:32

「春彼岸」

c0062992_1134525.jpg

昨日は春彼岸で墓参りに行ってきた、息子の運転で孫、婆さんの四人で青梅街道を新宿へ出て市ヶ谷の防衛省まえで今話題の大臣がどんな思いで座っているのか?お濠の釣り掘りは車の中からは見えなかった。後楽園では若者がたむろしていたが遊園地へ行くのではないだろうが、御徒町駅のガードを潜る前にアメ横を眺めたら相変わらずの混雑で休日は人出が多い。墓参の後は来た道を途中まで戻り小石川の伝通院では山門が新しくなったようだ、護国寺前を久しぶりに通り目白駅へ、後は目白通りを谷原に出て孫の注文するハンバーグ屋に入り昼飯を食ってから久しぶりの東京見物を終えて些かお疲れで帰宅、晩飯はこれ又孫の御付き合いで回転すしへ、孫はシャリコーラなどたのんだが二度と頼まないと言うからよっぽど不味かったのだろう。これも経験だ。
[PR]

# by yasu7211 | 2017-03-20 11:48

「催促?」

昨日は吾輩の誕生日!まあ元気(多少の問題はあるが)で馬齢を重ねられてなによりだ。これで亡き親父の寿命を超える事が出来たが大して自慢にもならないが一つの区切りだ。母親の寿命96才には到底太刀打ちできないがそれはそれでその時だ。子供、孫たちにメールを入れて無事に誕生日を、迎えられたからこれからもよろしく頼む?と。親や爺さんの誕生日なんかは覚えているはずはないからコッチからお知らせして頭の片隅に入れてもらった次第。爺さんは暇だし料金もかからないからメールを入れて遊んでいるわけよ、先方は迷惑だろうが毎日の事ではないし御付き合い願った。
昨夜は婆さんと二人でいつもの晩飯、一人晩酌で誕生祝、ガッチリ飲んで祝おうとしたが悲しいかないくらも飲めず350の缶ビール一つでオツモリ。好きな酒も思うほど飲めず齢はとりたくないもんだ、まあ量飲めばいいもんではないだろうからそれで良ければそれでヨシ!
[PR]

# by yasu7211 | 2017-03-11 08:06

「花粉の山」

c0062992_16132367.jpg

いい陽気になった昨日は爺婆と息子はスギ花粉舞う奥武蔵の高山不動~顔振峠へ。西吾野からのコースはいつもは平日だが行った日は日曜日、それなのに歩いているのは年寄りばっかりでいったい彼らは何しているのか?俺たちは息子同伴だから日曜日は仕方ないが。思ったように山はスギの花が満開で涙は出る、鼻水は出る、クシャミは出るの大忙し。梅の花も満開で河津桜も満開、春真っ盛りの山の展望は霞がかかり見通しはあまり利かなかったが体調は思いのほかよく今回は転ぶことなく婆さんは「お父さん今日は調子が良い」とお褒めの言葉、その気になれば俺だってまだまだ!そんなこと言っても今日は足が痛くなってきたから「まだまだ」は「そろそろ」の声が近くなったようだ。
[PR]

# by yasu7211 | 2017-03-06 16:26

「今日は楽しい」

c0062992_1040558.jpg

弥生三日、今日は楽しい「雛祭り」。恒例の如く下山口駅前の真栄堂で桜餅、娘はいない我が家でも雛祭りは世間並みに祝います、昨日の雨も上がり今日は好天で風が出始め絶好の花粉飛散状況で春たけなわだ。雛祭りを口実に祝い酒でも召し上がるとしよう、今夜はゆっくり風呂にでも入って孫娘の成長を祝って。午後からは小池都知事と慎太郎のバトル?惚け爺さんが何と言うか楽しみだが先ずは逃げの一手だろう、知らぬ存ぜぬでチョン。どうなったってコチトラには関わりの無いこって!
瀬戸物の内裏雛を飾ったが今年は旦那様が下手になっている、奥さんが上手に座っているのは関東流で別にどっちだっていいのだが。雛祭りが過ぎるとすぐに端午の節句で今度は柏餅だ、これは粒餡に限る!桜餅の道明寺は余り手が出ないがこれも習慣だ。
[PR]

# by yasu7211 | 2017-03-03 10:55

「もう三月」

c0062992_1412434.jpg

2月は諺のように逃げて行ってしまった。今日からは弥生、三月、道端の梅ノ木は散ってしまったと思ったら品種が違うのが今を盛りと!暖かくなると言うが二月を過ぎたばかりでまだ寒さは残り今日はもっと温かくなると言っていたがまだ冬だ、やはり彼岸までが正解なんだろう。彼岸もすぐ間近で菩提寺へ行って納めるものを納めて墓参だ、その頃には畑に植える野菜の種まきをしたり鉢植えの植え替えで泥いじりをしなければ、今日はこれからジョイフルへ行って堆肥、赤玉、育苗用土を仕入に行ってくるがついでにおそらく今冬最後になるだろう灯油を買ってと何かと忙しい。今日は孫の高校卒業式と言っていたから大過なく卒業できて何よりだ、三年間チャリンコに乗って通学ご苦労様でした、暑さ寒さも過ぎてしまえば何て事なく若い時の苦労は苦労の内に入らない、これからの苦労の方が大変だ、社会に出れば寝られない夜もあるだろうから今から耐性を培っておかないと。
[PR]

# by yasu7211 | 2017-03-01 14:30

「爺友会」

日曜日の午後、久しぶりに爺友が集まり「男子会」を開催して男子力を発揮!毎日暇な爺さんとは言えそこはそれで何かとお忙しい毎日を過ごしているメンバーですから一堂に会する機会はそうは無い。今回は諸般の事情で先輩宅に老体が集まりご接待に与った、毎度の様に話は弾み互いの情報交換などして後は年寄りの常で昔話に花が咲く、梅の花が満開だからそれに負けじと50年以上前の話が昨日の様にお互いの脳裏を走る。このところメンバーも酒量が減って一時ほど盃が傾かないのは経年劣化だから、テーブルに並んだ料理も随分と残してしまい申し訳なかったが色気ほど食い気は無くなった一同は次回は来月末の「観桜会」を何時何処でしようかと気の早い計画をしているのは先が短いから急いでいるわけではない。帰りには東村山東口にある「しむらけんの木」の案内板の後ろに大きなケヤキが三本植わっているが昭和50数年頃植えたとかで40年近くたつとケヤキも立派になるもので志村けんも爺さんになったからな。西口に有る饅頭屋で東村山名物「だいじょぶだ饅頭」を婆さんへの土産に持って帰る。今週の爺さんは忙しいです、日曜日は爺会、月曜日は自然保護団体のボランティア会議、昨日は農場の田起こし、今日は息子の家へ、金曜日は病院でCT検査、その間にいつもの晩酌が入る、花粉が舞う前に奥武蔵のハイキングに行って先月の山免疫が切れる前に追加注射をしようとしたが来週以降になりそう。
[PR]

# by yasu7211 | 2017-02-22 08:19

「スミレの花」

c0062992_12512585.jpg

外の道を掃いている時花びらが隅っこの転がっているのでよく見たらスミレ!アスファルトとブロックの隙間の根っこを張って咲いている、手入れをする花が枯れて水っ気のない所の花が咲くとは皮肉なものだ。♫スミレの花咲く頃~てなもんだ。オリンピックに予定している霞が関のゴルフ場が女の会員云々でもめているが男も女も相手の領域に入り込むのは如何なものか?宝塚に男を入れてから文句を言ったらいい、私学の男子校や女子高もあるんだからどこへでも首突っ込むのは止めにしたらどうでしょうか。
[PR]

# by yasu7211 | 2017-02-18 13:03

「先ずは確保」

今は入試の結果発表の真っ盛り!受験生全員が希望の所へ入学できるといいのだがそう甘くなく人様々で意に沿わない結果があったって仕方がない。孫も大学受験の結果発表があり先ずは合格の知らせが届いたそうで息子夫婦も一安心した事だろう、最終的にどこへ行くのか分からないが受験生の数は減っていると言っても決まるまでは心配するから。爺さんは大学とはどんなところか経験が無いから分からないがそれなりに勉強するんだろう、それにしても子供一人大学に入れて卒業するまでの諸経費は馬鹿にならない金額だから子供もそれなりに心してもらいたいが自分が親にならないと分からない。近々入学祝披露宴のお招きがあるだろうからそれを楽しみに待っている。
[PR]

# by yasu7211 | 2017-02-13 15:21

「いつもの」

c0062992_1139034.jpg

毎度おなじみの福寿草がまた出ました。今年はいつもより少ないようでどうしちゃったのだろうか?
年を経るといろいろあるのは花も同じだ。陽が当たると黄色が冴えて眩しいくらい、きのうの天候では少しは雪をかぶるかと思ったが積もることなく雪雲は去って行った。
c0062992_11423018.jpg

スノードロップも負けじと花開き色気を競っている、今は庭に花が無いから暫くは楽しめそう。散歩に出たら西に見える奥多摩、秩父の山は昨日の天気で雪が降ったようでかなり白くなっている。
あの様子では思いの外あるような気がする、数年前の高山不動のラッセルが思い浮かびあの時の苦労は堪えたから奥武蔵と言えども馬鹿にしてはいけない。
[PR]

# by yasu7211 | 2017-02-10 11:47

「アンヨが痛い」

日曜日に山へ行って来てから早4日!足腰が痛くて往生していたが今日になってだいぶ楽になり立ち振る舞いが正常近くになった。たかだか4時間くらいの雪山でこんな目に合うとは何とも情けない。
あの時逢った連中も同じように足が痛くなったのだろうか?老若男女いろいろ居たけれど、子供を連れた夫婦者などは三人そろってピッケル片手に下ってきたが邪魔な物を持って転べば凶器になる事を知らないのだろうか?他にも何人かピッケル持ってるのがいたし流行りのスノーシューも結構見かけたがあんな物履いてなんの役に立つのか圧雪されたルートで役に立つのか?格好から入る今どきの者は良い道具を持っているからご披露したい気持ちも分かるが事前に数日間の天候とコースを調べれば余計なものを持つことは無い。今日は風が吹いて外は寒い、息子にオイルを借りて登山靴の手入れなどして次回はいつになるか分からないがお靴のお肌の手入れは完了。
[PR]

# by yasu7211 | 2017-02-02 11:15

雪山登山」

「黒斑山へ」
c0062992_9594431.jpg

長野と群馬の境にある「黒斑山」へ久し振りの雪山は数年前の春の谷川岳以来、あの時はまだ元気だったから単独でも心配は無かったが今回は「麒麟も老いれば駄馬」そのまんまでましてや駄馬は駄馬だから。次男坊の誘いがあった時は気後れしたが何事も声がかかるうちが華!気合を入れていってきたが結果はまあ、あんなものでした。新幹線とバスで登山口の車坂峠でアイゼンをつけ昔も登ったコースを息子の世話になりながらおんぶにだっこはなかったが何とか完歩!快晴無風のこんな天気はそうあるものではなく佐久平を眼下に八ヶ岳、奥秩父、南、北、中央アルプスなど中部地方の殆どの山を遠望しお山の大将となった。浅間の噴煙は今日も三筋の煙立?ではなく一筋だったが山肌の縞模様もくっきりと、帰りはバス停までが結構長く感じ昔と比べて道が延びたのだろうな。
[PR]

# by yasu7211 | 2017-01-30 10:16

「確定申告へ」

きのうトコバスに乗って航空公園にある税務署へ確定申告に行ってきた。ネットで書類を作ったら1500円ほどの還付金がある事が分かり費用対効果を考えたがバス代を使っても晩酌の足しになるから散歩がてら出掛けた次第。税務署はどう見たって高額納税者には見えない人が列を作って何を相談するのか?面倒くさい制度もあるもんで貧乏人から税など取るなと言いたい。航空公園の蠟梅園へ行ってみたが少し早かったようで来週末あたりが良いのか?ソシンロウバイ、マンゲツロウバイとあるがマンゲツロウバイは散りかけているのがありそれでも毎度の事乍ら爺婆の中でも婆の多い事、和服を着た中年のいい女がいると期待したがお目にかかることなく帰りもトコバスの高齢者パスで100円の運賃。今日は多摩湖の堤防まで散歩、富士山と奥多摩の山並みを眺め風も無く意外と暖かな昼間だったので軽く汗をかき今日の運動はお終い。
[PR]

# by yasu7211 | 2017-01-26 19:37

「大吉」

先日の湯あたりの後遺症はこれと言って無く気のせいか朝の目覚めが遅くなったような気がするがこの寒い朝に早く起きたって用も無いから年寄りは床に入っている方が世間の邪魔にならない。そうは言っても少しは体を動かさないと身の為にならないだろうと相変わらずの山口観音詣に行ってきた。途中の狭山湖遊歩道から富士の白峰を遠望して婆さんが引いた御神籤はまたまた「大吉」強運は相変らずで大吉しか入っていないのだろうとからかうがそんな事は有るはずない。孫たちの学業も心配する事無し!子供達も息災だそうだからコイツは春から縁起がいいと気分よく拝殿を後にした。
[PR]

# by yasu7211 | 2017-01-24 18:37

「湯あたり」

昨日の晩飯の後息子がスーパー銭湯へ行くと言うからノコノコついていったのが間違い!いつもの様に露天風呂にはいってその後はサウナと思って覗いたら混んでいたので隣にあるミストサウナへ入ったが温度は中途半端でどうもスッキリしないから普通のサウナに入りなおした、土曜日で混んでいるが一番上に座ること数分で切り上げる、どうも調子がイマイチでいつもなら汗が出るまで頑張るんだがカランの前で体を洗い脱衣場に行った、上がる前から両肩がいやに凝って気持ちが悪く息子が出てきたら肩を揉んでもらおうと椅子に座って待っていた、気がついたら店の係員が二人前に立って「大丈夫ですか?救急車を呼びましょうか」一瞬何の事だかわからなかった、瞬間的に失神していたらしい。いい齢した爺さんが長湯をするからこうなるんだろうと恥ずかしいやら情けないやら。幸いパンツは履いていたのでそのまま暫く椅子に座って回復を待つ次第となってしまった。齢とると思いもよらない事がおきるものでこれからも注意しないと。長湯と言っても30分程しか風呂場にいないのにどうしてこうなったのか?
[PR]

# by yasu7211 | 2017-01-22 09:38

「梅一輪」

c0062992_1422345.jpg

梅一輪ほどの暖かさは何処の事?ここ数日は強力寒波だそうで北国は大雪で大寒を待つ事なく寒い日が続きそう。近所の梅の木には少しづつ花開き庭の福寿草も芽を出し始めた。こう寒いと何処かへ行こうなどの気は起きず惰眠を貪るのみ、半冬眠状態で日暮れの晩酌を楽しみに時間の過ぎるのを待っているだけだから覇気のないこと夥しい。ハイキングに行こうとしたが先日の雪で足元がグシャグシャだろうと勝手に判断してもう少し先にしようと。
[PR]

# by yasu7211 | 2017-01-12 14:11

「お祝い」

c0062992_173309.jpg
今年も成人の日を迎え各地で式典など催されて新成人を祝ったそうだ。孫娘も御多聞に漏れず年月が経てばお声がかかり地元の式典に参加、午後からは息子の御招待で昼食会にたまたま末っ子が休んでいたから共々参加。オべべも似合い自慢の孫でした、息子はどう感じたか知らないが自分の娘の晴れ姿は今で言うところのビミョウなんだろう、あと何年かすると見ず知らずの所へ嫁に行くのかと思うと癪に障るが。





「次男坊は谷川岳へ」

先日の北横岳から帰って間もないのに今度は谷川岳へ行ったそうだ、快晴で気分のいい登山だったそうで天神尾根の往復だったんだろうが雪があった方が歩きいいから春山気分だったろう。一応冬山だから気合を入れて道具を揃えてピッケルなど買いこんで格好つけて山頂に立ったのだろう、ピッケルよりもストックの方が良いと思うが格好つけないといけないからどこのメーカーのを買ったのか今度聞いてみるとするが一声かけてくれれば爺さん自慢の骨董品のウッドシャフトをあげたのに。
[PR]

# by yasu7211 | 2017-01-10 17:48

「きょうは七草」

c0062992_855074.jpg
今年も好天の内に幕が開き今日は七草、小寒は一昨日で今が寒の盛りなんだろうが今朝はそれなりに寒かった。元旦の家族勢揃いも昨年同様変わりなく元気な姿を見て今年も安心!子供からのお年玉を貰い、さあ!何に使おうか?当日の飲み食いは年年歳歳少なくなって酒などもいくらも飲まないうちに記念写真を撮りこれ又いつもの様に散会。今年は酉年でマスコミは申酉騒ぐ等と言っているが今は干支に関係なく騒がしいから願わくは平穏無事な一年となるよう諸事万端トリ計らって貰いたいです。なにはともあれ「新年おめでとうございます」



「初登り」
c0062992_94175.jpg
TV見ながらゴロゴロしていたら息子からの電話、北八の横岳へ行って来たそうで下山して祝杯を挙げていると言う。写真を見たら雪は意外と少なく正月はこんなもんなんだろうが天気は生憎遠見は利かないそうだが蓼科山が見えているから良いとするか。今年は何処の頂に立つのかガンバッテ事故の無いように慎重に歩いてもらいたい、調子が出る頃が一番危ないから自分の技量の合わせて汗を掻いたらいい。来週は孫娘の成人式!早いものでこの間抱っこしてあげたのがもう成人式だとは。これからの数年が一番面白い時だろうから若さを堪能してもらいた、俺も二十歳のころは毎日がハッピーで何の心配もなく無論老後の事など更々念頭になかった、あまり先の事を考えたってどうなるものでは無し今日の無い人に明日は無いから。
[PR]

# by yasu7211 | 2017-01-07 09:22

「準備完了」

c0062992_18363032.jpg

もう正月?準備完了しました。神棚の掃除と注連縄の飾りつけをして、神具も磨き込みすべて完了。
あとは小さい鏡餅を供えるだけとなって早くも年神様をお迎えするだけとなった。今年の年末は天気も良さそうでなによりだが何に依るかって事も無いです。昼間のTVは面白い番組は無くて夜になっても老い心を掻き立てるものは更に無し、こうなると寝るしかないが早く寝ると夜中に目が覚めるからと9時過ぎころまでは頑張って起きているが勿体ない話で用が無ければ早く寝るのが一番なんだが。
c0062992_18445443.jpg

息子が休みになったから毎年作ってくれるササミの燻製を今年も作ってくれた。事前に燻製液に漬けこんだのを一晩乾燥して半日かかって作ったのがこれ!今年は段取りが狂ったのか少し下の方が少し焦げてしまったがこれは愛嬌です。凝り性だから液を作りローリエやらいろいろ使って着きっきりで作ってくれた。正月に兄弟が来るときに皆に食べてもらおうとご苦労様でした。
[PR]

# by yasu7211 | 2016-12-29 18:53

「木の実と花」

「栴檀」
c0062992_10465080.jpg

c0062992_10483016.jpg
いつも歩く道の途中、橋の傍らにある木にこの時期になると小さな実が生り道端にたくさん落ちてムクドリなどが実を突いている。何の実だろうと気になっていたのでネットで調べたら「栴檀」との事、「栴檀は双葉より芳し」と言うあれかと思ったら香木の栴檀とは違って別なものだそうだ。本物の栴檀はどんなのだろうか?いずれにしても栴檀とは縁のない我が身だからいつまで経っても芳しくない。





「蠟梅」
c0062992_1056992.jpg

栴檀を見て狼狽したわけではないけれどこれも帰り道に見つけたもの。もう蠟梅が開いている!季節はもう早春か?天気が良ければいい香りがするのだろうが生憎の曇空なので見目形が悪いが透き通るような感じにはもう少し。

「川乗山」
c0062992_1165374.jpg
次男坊が昨日奥多摩の「川乗山」へ行ってきたとか。良くお出掛けするものと半ば羨んでいる、川乗橋から百尋の滝経由で赤杭尾根だそうだ。爺さんが最後に行ったのは何年前か?一度は百尋の滝を少し上まで迷ったりして何であんなところでと今でも不思議。獅子口小屋が未だあったころ真名井沢や曲ヶ谷沢を遡ったり若い時は良く行った所で今は遠い昔の出来事。
[PR]

# by yasu7211 | 2016-12-26 11:01

「今年も又」

c0062992_9431782.jpg

きのうは冬至で「柚子湯」、今年もまた例年の様にいろいろあったにせよ無事平穏なうちに迎える事が出来たのは天祐に近い感がする。次男坊から貰った柚子を風呂に入れて、もっとたくさんもらったから豪華にとも思ったが生まれが生まれだから勿体なくて一つにしようかと思うところを気張ってもう一つ追加して細やかな贅沢を。正月の支度と言っても何するでもなくお勤めと言ったら神棚の掃除をして神具を磨き注連縄をかけるのが御館様のお勤め、注連縄は来週になったら懸ける予定で序だから鏡餅も一緒に。
[PR]

# by yasu7211 | 2016-12-22 09:55

「牡蠣が来た」

c0062992_19102461.jpg

何かと思ったらこれは「牡蠣」何かと思わなくても「牡蠣は牡蠣」。神奈川の旧友から届いたもので産地は瀬戸内の赤穂だそうだ。さっそく今夜の酒の友として殻付きカキを軍手をして剥いたのが10っ個!初めは上手くいくかと思ったがやってみれば元職工だから何て事なく作業完了。レモン汁で先ずは手始め、粗挽き胡椒をかけたり柚子の細きりを載せたりしてあっと言う間に完食だ。牡蠣は生に限る!それから殻のまま酒蒸しにしたのが10っ個、婆さんは5個くらい喰ったあとはこんなにうまいのは滅多にないから一人占め、合計15個くらいをペロリと。あと10っ個くらい残っているが一度に食うと体に悪いから息子にも少し残しておかないとの親心?剥き身の牡蠣もあったからそれは別途牡蠣飯にして旧友の好意を有難く頂戴するとします。久しぶりに生牡蠣を食ったから明日から元気に一年を締められること請け合いだな。
[PR]

# by yasu7211 | 2016-12-20 19:26

「今朝の寒さ」

c0062992_123940.jpg

今冬最初の室内気温が一桁となった、早く起きたって用は無いのは毎日の事だが一度目が覚めると中途半端だから寒さの冬はオオオロ歩きながらストーブに点火。
c0062992_1271080.jpg

外へ出るとやっぱり寒くて庭には霜柱が立っている、子供の頃には学校へ行く途中5センチは優にある霜柱も珍しくは無かったがあの頃に比べれば今朝の寒さなどは屁の河童!
c0062992_1211865.jpg

睡蓮鉢にも薄氷が張ってもう12月も半ばだから、今朝がたラジオ深夜便を聞いていたらクリスマスソングが流れていたから。ゴミ出しに行った時手袋をして行かなかったから手が冷たい事、これから外へ行くときには防寒対策を講じて行かないとだめだな。
[PR]

# by yasu7211 | 2016-12-16 12:16

「神奈川県へ」

寒くなくて良かった!今日は遠距離散歩で神奈川県の旧友の所へ、午前中に家を出て西武新宿からJRの大ガードをくぐり新宿駅西口へ、小田急の改札口を見つけるのに少しモタモタしたが無事通過して小田急に乗ったのはいつの事だったか?所々トンネルになって景色も変わっていた、多摩川を渡り着いたところは町田の先、東林間。半世紀前に同じ旧友が入院した病院だがあの時とは月とスッポン!雑木林など無くなり此処だったのかと浦島太郎の気分。小田急と西武を比べどちらが利便性に勝るかはどっちもどっちで乗った時刻が半端だったせいか良い女は少なく少しがっかり。帰りは下北沢は分かっていたが気がついたら新宿!寝起きでふらつきながら西口の歩道を歩いたが「アニマルセラピー」の看板を立て犬ッコロを並べて何やっているのか若者が何やら怪しげな。線路西側の飲み屋が並ぶ小路を通ってみようとしたが「何を今更」。今日も直行直帰の散歩だった。
[PR]

# by yasu7211 | 2016-12-09 18:12

「朝焼けのケヤキ」

c0062992_8511914.jpg

日曜日の朝、新聞を取りに外へ出たら南にあるケヤキが朝日を享けていい塩梅になっていたので眠気覚ましに写真を一枚、変わり映えはしないが季節の景色だが眺めている分にはいいけれど、このケヤキが迷惑の元でこれからの時期は落葉の舞いが始まる、関係のない所では落ち葉は気持ち良いが我が身に降りかかるとなると話は別。落ち葉掃きで手間が増える「林間に落ち葉を焚き」なんて風流な話は屋敷の広い人の話で樋には詰まるし持ち主は人の迷惑などどこ吹く風だから北風が強く吹いて自分の所へ持っていってもらいたい。
[PR]

# by yasu7211 | 2016-12-04 09:04